トップページ » BLOG 2019年09月

RSウイルス感染症について

呼吸器の感染症です。非常に感染力が強く、何度も感染と発病を繰り返すそうです。症状としては、発熱、鼻水等の症状が数日続きますが多くは軽症で済むのですが、「ゼーゼー、ヒューヒュー」と言う喘鳴を伴うと細気管支炎、肺炎へと進展する事があり要注意。心臓や肺に基礎疾患がある場合は重症化するリスクが高まります。感染経路は、感染者の咳やクシャミ等の「飛沫感染」や、環境表面に着いたウイルスへの「接触感染」もあるとの事です。みなさん手洗い、うがいを心がけ感染しないよう気をつけて過ごしましょう!集団生活では、もしや…と疑わしい時はまずは受診が重要です⚠️